となりのカンスケ

いつも隣に居るデカボス@カンスケと、行当たりバッタリ@飼い主のお出かけ日記(のんびり更新中)

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無事帰る の巻

皆様、ご心配を頂きありがとうございました。
カンスケは、無事手術も終わり元気に帰ってきました。
心配してくださった皆さん、病院の先生及びスタッフの皆さん。
今まで私の心配を取り除くために色々教えてくださった皆さん。
本当にありがとうございました。

今のマンションに引っ越す時、カンスケを迎えることが決まったわけですが
マンションの規約に「去勢・避妊済みの10㌔前後まで」とありました。
その当時手術のリスクなどまったく知らない私は、特に考えることなく手術すればいいんだって思ってました。
その後手術について勉強する機会があり、迷う事となりましたが・・
そのあたりの経緯については「去勢について」で。
病院の先生にも何度もお話しをして頂き、やっと決心をし先生にお任せする事にしました。

9日の朝、雨男カンスケに事が起こるとき、空は雨模様と決まってます
06_12_11_01.jpg

ちょっと不安そうだったけど、術前の採血も我慢してくれてました。
15分程待ち、検査の結果内臓に問題が無いことなどを確認して預かっていただきました。
12時位から手術、4時位に引き取り時間を電話で相談の予定です。
家に帰っても落ち着かず、かねてからの計画通り術後のカンスケの衛生のためケージの分解掃除をしてました

いよいよ4時。病院に電話した所・・・
カンは麻酔が醒めるのも早かったらしく、すでに覚醒状態で「すねてます」との先生のお言葉
もうお迎えに来てもよいとの事であわてて迎えに行きました

帰ってきて、安全のためエリザベスカラーをつけたんですが・・・
よっぽど嫌なのか発狂して前後の見境なく攻撃態勢。
外そうとしたパパの手をマジ噛みしてしまいました
幸い、包帯部分を舐めようとかしないみたいなのでカラーは無しに。
06_12_11_02.jpg

すごい不安だったのか帰宅後は絶対に私かパパから離れようとしないカンスケ。
ひたすら寝て体力回復に努めてるみたいでした。
動物ってすごいなーってこういう時は思いますね。
06_12_11_03.jpg

いつものソファーの上にも上がれるみたいで、思ってたより動けるみたいなので安心です。
06_12_11_04.jpg

病院での体験のせいだと思うんですが、ケージに入りたがらないのが困った事。
トイレもケージの中なので、部屋のどこかでぎりぎりまで我慢してお漏らし・・これはよくない。
お薬のせいでおちっこは沢山するはずなのに我慢しちゃってるのは身体にもよくないなぁ
06_12_11_05.jpg

前日からの絶食、当日の夜も様子を見ながら少しだけのご飯だったので
2日目はお腹が空いたらしくヨダレが(笑
もう大丈夫そうなので朝ごはんは2回に分けて少しづつ上げることに。
夜は普通通りに上げました。
06_12_11_07.jpg

2日目もひたすらにパパに引っ付いて寝てます。
得意のへそ天も今日は出来るみたい(笑
カンはまったく傷の部分の包帯に興味がないみたいで不思議だったんですが・・・
考えたらマナーベルトで慣れてるのかも。
エリザベスがつけれないし、水曜まで取れちゃ困るのでそこの所は大変助かります
でもやっぱり冬にしてよかったな~、包帯暑そうだもん、夏だと(^^;
06_12_11_06.jpg

3日目の今朝は少し遊ぶ元気がでたのか、キューズちゃんを持ってきてました。
投げて欲しそうだけど、激しい遊びはまだだめ~よ。

今現在は足元で久々の「ノビルマン」状態で寝てます。
大分と痛みが減ってきたのかな?この体勢がOKって事は・・・
とりあえずまだ本調子ではないものの、食欲なども回復してきた様子で
まずは安心といったところです。
沢山の方にご心配を頂き、カンスケは果報者でございます。
本当にありがとうございました。
これからのカンスケにどんな変化がみれるのか、ちょっと楽しみにしています。

んじゃ、最後に見納めって事で・・・(笑
06_12_11_08.jpg

スポンサーサイト

| ワンコな生活 | 12:01 | comments:23 | trackbacks(-) | TOP↑

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。